Touken Komachi







脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
宝寿
Hoju
【銘文】表 : 宝壽
【寸法】刃長 39.9cm(1尺3寸1分6厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 2.26cm、元棟重ね 0.41cm、元鎬重ね 0.51cm、目釘孔 2個、刀身重量 198.4g 、白鞘全長 61.5cm、拵全長 59cm
【時代】室町時代初期 応永(1394-1428)頃
【国】陸奥

【特徴】菖蒲造、庵棟、身幅尋常、鎬筋やや高く、反り頃合いにつき、先幅がやや狭まる姿。

 茎は、生茎、先栗尻、鑢目切り、目釘孔二。

 彫物は、表に梵字を彫る。  地鉄は、板目に杢交じり、総体に流れて、地景淡く入り、白気ごころがある。

 刃文は、小湾れ、小互の目交じり、匂口沈みごころに小沸つき、砂流しかかる。

 帽子は、浅く湾れて小丸に返る。

 茶潤塗鞘脇差拵 : 秋草虫図鐔(赤銅魚々子地高彫色絵)、波千鳥図縁頭(赤銅魚々子地高彫色絵)、船漕図目貫(赤銅容彫色絵)、僧侶と犬図小柄(赤銅魚々子地高彫色絵)

見どころ
古剣書は、平安時代の武士勃興期に奥州に数多くの刀匠がいたことを伝えていますが、現存する作例は鎌倉時代と室町時代のものです。宝寿は奥州鍛治の代表的な刀工一派で、鎌倉時代から室町時代の長きに渡って名跡が継がれ、早くから畿内・中国・西国などにも移住したようです。本作は、応永ごろとみられる宝寿の菖蒲造脇差です。茎にもやや反りが加わる細身の軽やかな姿に梵字を彫り、白気映り立つ地鉄に小沸つく小乱れ刃を焼いた一振り。古拙な字体が味わい深いニ字銘も見どころです。応永頃の宝寿の作品の年紀には、応永12年・14年・22年・25年などがあります。備前や備後でも作刀したと伝えられます。

状態柄糸に、擦れやホツレが少しありますが、現状で保存が可能です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(石川県 7599号 昭和33年5月21日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H30.6.13発行)



【商品番号】A020819【価格】400,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.