Touken Komachi



刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
備前長船清光
Bizen Osafune Kiyomitsu
【銘文】表 : 備州長船清光作  裏 : 天文十年二月日
【寸法】刃長 69.7cm(2尺3寸0分0厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 3.03cm、元棟重ね 0.62cm、元鎬重ね 0.77cm、先幅 0.39cm、先重ね 2.01cm、目釘孔 2個、刀身重量 724.0g 、白鞘全長 97cm
【時代】室町時代後期 天文10年(1541)
【国】備前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬筋高く、元先やや幅差つき、反り浅くつき、中切先延びる姿。

生茎、区送り、鑢目(旧)勝手下がり(新)切り、先刃上がり栗尻、目釘孔二。茎尻張る。

地鉄は、板目肌、肌立ちこころ、杢目交じり、地沸つき、淡く映り立つ。

刃文は、直刃調、匂口深く、小乱れ交じり、小沸つき、金線・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに先小丸に返る。

見どころ
刀身の表の中程に、葉が同一方向に連続的に染みて刃中に垂れるような態が現れており、これを斯界では「清光のよだれ」といい習わしています。区(まち)を1寸ほど送り茎先は摘(つま)まないことにより、刃長をいわゆる定寸にするとともに、末備前特有の短い茎を長くして後年まで用いられたことがうかがえます。おそらく室町後期の製作当初から江戸期を通じて、代を重ねて愛用された一振りであったのでしょう、若干の疲れはありますが、淡い映りや匂口の冴えも健在で楽しめるお品です。

状態わずかに小錆、ヒケ、鞘擦れがありますが、現状で保存と鑑賞が可能です。
【付属品】赤銅磨地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 155321号 昭和四五年七月弐日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成19年6月29日発行)

【商品番号】A020822 【価格】350,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.