Touken Komachi





脇差 白鞘入り 塗鞘付 
Wakizashi Shirasaya, Nurizaya
盛重(大宮)
Morishige, (Omiya school)
【銘文】表 : 盛重
【寸法】刃長 46.6cm(1尺5寸3分7厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 2.63cm、元重ね 0.49cm、先幅 1.67cm、先重ね 0.27cm、目釘孔 2個、刀身重量 231.5g 、白鞘全長 68cm
【時代】室町時代初期
【国】備前

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反りつき、中切先延びる。

茎は、生茎、鑢目筋違、先刃上がり栗尻、目釘孔二、区を送る。

彫物は、表裏に棒樋に添樋を掻き通す。

地鉄は、小板目肌よく練れ、杢目交じり、地沸つき、乱れ映り立つ。

刃文は、大互の目、丁子交じり、足・葉入り、匂口締まりごころに小沸つく。

帽子は、乱れ込み先尖りごころに返る。

見どころ
備前大宮派の祖である大宮盛景の子と伝えられる盛重は、南北朝時代応安頃の初代から室町時代中期にかけて6-7代ほど続きいずれも上手です。本作は乱れ映りが顕著なところや、杢目を交えた深みのある地鉄鍛えから、備前大宮派の盛重の作品と考えられます。軽やかな脇差の姿でわずかに区送りがありますが、姿のバランスがよく、先反りがついて切先が延び、力強さのある体配となっています。刃中変化の多い、足のよく働く匂深の刃文もたいへん見応えがある一振りです。本作は、二字銘盛重の在銘資料としても貴重です。状態の良い一分刻黒塗鞘(小柄櫃あり・小柄小刀なし・シトドメ付き)がついています。

状態裏の物打ち下あたりに針先でつついたような小さな小錆がありますが、鑑賞の妨げとなる程ではありません。そのほかは良好です。

【付属品】素銅地銀着金鍍金菊紋散一重ハバキ、白鞘、塗鞘、白鞘袋、登録証(大阪府126412号 平成弐拾六年拾壱月弐拾八日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H27.3.26発行/ 国不明・時代室町) 倉敷刀剣美術館鑑定書(H29.7.14発行/盛重(大宮)・時代南北朝)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H30.6.16発行/ 国不明・時代室町)

【商品番号】A020919【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.