Touken Komachi





刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
山城守国包
Yamashiro no kami Kunikane
【銘文】無銘
【寸法】刃長 69.8cm(2尺3寸0分3厘)、反り 1.6cm(5分2厘)、元幅 3.05cm、元重ね 0.68cm、先幅 1.94cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 1個、刀身重量 712.5g 、白鞘全長 97cm、拵全長 106cm
【時代】江戸時代前期
【国】陸奥

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先幅差つき、鎬筋やや高く、鎬幅広め、反り頃合いにつき、中切先延びる姿。

 生茎、鑢目筋違に化粧鑢、先入山形、目釘孔一。

 地鉄は、柾目肌よくつみ、地沸厚くつき、地景入る。

 刃文は、直刃、わずかに湾れごころを帯び、互の目交じり、小足入り、刃縁ほつれ・食違刃・二重刃風の刃が交じり、沸よくつき、金線・砂流しかかり、棟焼き入る。

 帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

 鞘書 : 山城大掾藤原国包 但無銘 刃長二尺参寸有之 昭和癸丑年春吉日 寒山誌(花押) 

 変わり塗鞘打刀拵 : 平安城桔梗唐草図鐔(鉄地真鍮象嵌)、枝菊図目貫(赤銅容彫)、桜花散図縁頭(赤銅石目地高彫金色絵)

見どころ】初代
国包は文禄元年、奥州宮城郡国分若林(現仙台市)に生まれ、大和国の保昌五郎の末流と称し、その作刀も柾目鍛えや喰違刃・二重刃の交じる古作保昌に迫るような直刃を理想としました。仙台伊達家の抱え工で、慶長19年に伊達政宗の命で上洛し、越中守正俊の門で学んだと伝えられます。寛永3年に山城大掾を受領、同15年にに入道して用恵と号し、正保2年に54歳で嫡子吉右衛門に家督を譲り、以後も作刀を続けて寛文4年73歳で没しました。本作は、二代山城守の作と鑑せられ、初代の作風をよく継承しており、地刃に冴えがあります。

状態横手下刃先にわずかな刃こぼれが1箇所あります。小さな擦れや引け、薄曇りがありますが、鑑賞の妨げとなるほど目立つものではなく概ね良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(宮城県26579号 昭和48年2月15日交付)、保存刀剣鑑定書(山城守国包 : 日本美術刀剣保存協会H30.8.20発行) 、特別貴重刀剣認定書(国包 : 日本美術刀剣保存協会S48.3.23発行)




【商品番号】A030220【価格】470,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.