Touken Komachi




脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
越中守正俊
Ecchu no kami Masatoshi
【銘文】表 : 越中守正俊 
【寸法】刃長 40.2cm(1尺3寸2分6厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.96cm、元重ね 0.66cm、先幅 2.24cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 1個、刀身重量 403g 、白鞘全長 59.5cm、拵全長 58cm
【時代】江戸時代初期
【国】山城

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先にやや幅差つき、頃合いの反りとなり、中切先が延びる姿。 生茎、鑢目大筋違、先浅い栗尻、目釘孔一。

地鉄は、板目肌、杢目交じり、処どころ肌立ち、地沸つく。

刃文は、互の目に小湾れを交え、足入り、匂口明るく、むら沸つき、湯走り・飛焼き入り、総体に金筋・砂流しかかる。

帽子は、ごく浅く湾れ込み、先尖って返る。

青貝散黒塗鞘脇差拵 : 波龍図鐔(木瓜形銅地金色絵)、雲龍図縁頭(赤銅地線彫)、植物図目貫(容彫金色絵)、這龍図小柄

見どころ
板目模様をあらわす鍛え肌がよく見てとれ、沸出来の刃文は覇気みなぎり、地刃の冴えた一振りです。越中守正俊は、父兼道と三兄伊賀守金道・来金道・丹波守吉道らとともに美濃から上京し、江戸時代の初期、慶長から寛永年間にかけて活躍しました。以後、おおいに栄えた三品派の中でも、作域が広く技量が優れた刀工として知られています。三品派独特の帽子も見どころです。

状態良好です。
【付属品】素銅地金鍍金二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(東京都97991号 昭和卅四年五月七日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成七年八月一日発行)


【商品番号】A030422【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.