Touken Komachi





刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
無銘(山浦真雄)
Mumeim Yamaura Saneo
【銘文】無銘
【寸法】刃長 72.1cm(2尺3寸7分9厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 3.38cm、棟元重ね 0.45cm、目釘孔 1個、刀身重量 797.5g 、白鞘全長 99cm、拵全長 112cm
【時代】江戸時代後期
【国】信濃

【特徴】長巻直し造、庵棟、身幅広く、棟を卸して鎬高く、元先の幅差さまで目立たず、綺麗な反りがつく姿。

 彫物は、表裏に腰樋と添樋を掻き流す。

 地鉄は、小板目肌つみ、小杢目交じり、地沸細かにつき、地景入る。

 刃文は、互の目乱れ、丁子刃を交え、足・葉入り、匂口締まりごころ、小沸つく。

 帽子は、乱れこみ、先尖ごころに返る。

 金沃懸地塗倶利伽羅文太刀拵 : 秋草図鐔(無銘 美濃 木瓜形 赤銅魚々子地 高彫金銀色絵 両櫃孔埋)、獅子図目貫(無銘 江戸梅忠 四分一地 容彫 金鍍金摺剥し)

見どころ
本作は、上杉神社蔵重要文化財の長巻 無銘(片山一文字)に倣って作られたと伝えられる一振りです。姿よく豪壮で鍛えは小板目肌よくつみ、高低差つく互の目乱れは刃中の働きが盛んで、地刃共によく小沸つく見事な出来です。山浦真雄は、河村寿隆の門、清麿の兄で、赤岩・小諸・上田・松代で作刀しました。真雄が27歳の文政13年頃からの年紀作があり、明治7年5月18日に没しました。嘉永元年頃から沸出来を避け匂出来のものに集中して作刀したことが自身の日記に記されており、質実剛健な業物に眼目をおいた作刀姿勢やその作風が高く評価されている新々刀期の刀工です。

状態良好です。拵は、近年制作されたもので、江戸時代の刀装具を用いています。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(岡山県 115176号 平成拾年壱月拾参日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H14.2.8発行) 鐔 : 特別保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会H3.12.11発行) 保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会H25.6.27発行)



【商品番号】A030621【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.