Touken Komachi




刀 拵入り
Katana, Koshirae
尾川兼國
Ogawa Kanekuni
【銘文】表 : 濃州武藝八幡住兼國作之 裏 : 昭和甲子歳七月吉日
【寸法】刃長 70.0cm(2尺3寸1分0厘)、反り 1.8cm(5分9厘)、元幅 3.27cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.54cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 1個、刀身重量 794.5g 、拵全長 101cm
【時代】昭和59年(1984)
【都道府県】岐阜県

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、反り浅くつき、中切先延びる姿。

 生茎、鑢目鷹羽、先入山形、目釘孔一。

 彫物は、表裏に棒樋を掻き、丸止めとする。

 地鉄は、小板目肌、地沸つく。

 刃文は、匂出来互の目に丁子刃交じり、足・葉入り、逆ごころとなる。

 帽子は、乱れ込み先尖りごころに返る。

 腰刻黒石目塗鞘打刀拵 : 魚々子地鐔(素銅地撫角形)、秋草図目貫(合金容彫金色絵)、桜文散図縁頭(合金金布目象嵌)

見どころ
尾川兼圀刀匠は、本名を尾川邦彦といい大正14年生まれ。弱冠18歳で最年少陸軍受命刀工となり、圀忠と銘し千葉市内で作刀しました。戦時中の作刀は戦火に呑まれ残存作を発見できなかったため、戦後刀鍛冶の経歴の証左がままならず、一旦他の職業に就きます。しかし刀匠の道は諦めず「一生涯が勉強」と信念を持ち、50歳をすぎてから金子孫六に師事の機会を得、戦後24年を経て刀匠に返り咲きます。以後みるみるうちに快進撃を遂げ、平成18年無鑑査に昇進しました。本作は、尾川兼圀刀匠59歳時の作品で、身幅広く豪壮でバランスの取れた姿が際立つ一振りです。銘文の武藝八幡は、岐阜県関市武芸川町八幡。よく調整された極めて状態の良い居合拵に入っています。

状態刀身・拵共に良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(岐阜県60770号 昭和五拾九年八月弐拾参日交付)


【商品番号】A030720【価格】550,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.