Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(金房)
Mumei, attributed to Kananbo
【銘文】無銘
【寸法】刃長 67.0cm(2尺2寸1分1厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.87cm、元重ね 0.87cm、先幅 2.34cm、先重ね 0.69cm、目釘孔 3個、刀身重量 824.5g 、白鞘全長 92.5cm
【時代】室町時代
【国】大和

【特徴】冠落造、庵棟低く、横手筋入り、重ね厚く、元先さほど幅差がつかず、反り浅く、大切先となる姿。

茎は磨上、鑢目勝手下がり、先切り、目釘穴三。

地鉄は、板目肌、杢目交じり、地沸つく。

刃文は、浅い湾れに小ずんだ乱れ刃が交じり、叢沸つき、飛び焼きよく入る。

帽子は、 浅く乱れ込み小丸、先掃き掛ける。

見どころ
金房派は、室町時代末期から新刀期まで、大和で作刀した刀工一類です。手掻派や千手院派の末流と考えられます。金房と冠称し、刀工は永正頃の正重、大永頃の政景・正實、享禄頃の正安、天文頃の正眞・正清・政定・政次、永禄頃の正次・政長・政助、天正頃の正宗らがいます。古来、天下三名槍の一つとして讃えられる日本号は、無銘ですがこの金房派の作と推定されています。本作は、冠落造で反り浅く大切先となる体配です。庵棟の低い造り込みや、小ずんだ乱れ刃に叢沸がつくところなどに金房派の特徴がみられ、裏は殊に盛んに飛び焼きが入って勢いのある出来栄えとなっています。

状態良好です。
【付属品】素銅地金色絵一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(青森県2208号 平成十二年二月十五日再交付/昭和二六年七月七日発行)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成28年2月4日発行)

【商品番号】A030722 【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.