Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(新々刀同田貫)
Mumei, attributed to Shinshinto Dodanuki
【銘文】無銘(朱書不明)
【寸法】刃長 74.8cm(2尺4寸6分8厘)、反り 2.3cm(7分5厘)、元幅 3.31cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.85cm、先重ね 0.56cm、目釘孔2 個、刀身重量 948.5g 、白鞘全長 108cm
【時代】江戸時代後期
【国】肥後

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、反り頃合いにつき、先幅はさほど狭まらず、大切先となる姿。

茎は磨上、鑢目不明、先浅い栗尻、目釘孔二。表に朱銘の跡がある。

彫物は、表裏に二筋樋を掻き流す。

地鉄は、小板目肌、流れごころ、地沸つく。

刃文は、丁子乱れ、足・葉入り、小沸つき、砂流しかかる。

帽子は、乱れ込み、小丸に返り、先掃き掛ける。

見どころ
手持ちの重量感のある豪壮な姿で、流れごころの小板目鍛えがよく練れて地沸つき、匂本位の丁子乱れに小沸つき砂流しを交えて、華やかな出来となっています。室町時代末期、肥後の地で興った同田貫派は、豪壮な実戦刀を得意とする一群をなして江戸時代末期にまで及びます。江戸時代後期の新々刀期には、同派の中でも作域に多様性が開かれるようになり、宗広らが備前刀を念頭においた作刀を行ったことが知られています。本作はそうした流れに位置付けられ、新々刀同田貫と極められています。肉置きよく保存され、健全さも好ましい一振りです。

状態わずかに擦れや薄い小錆がありますがおおむね良好です。
【付属品】素銅地銀着金色絵一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(宮城県 第28964号 昭和五拾年弐月拾五日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 令和元年八月二十六日発行)

【商品番号】A030822 【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.