Touken Komachi




刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
志賀関兼延
Shigaseki Kanenobu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 67.6cm(2尺2寸3分1厘)、反り 2.1cm(6分9厘)、元幅 2.82cm、元重ね 0.51cm、先幅 1.95cm、先重ね 0.41cm、目釘孔 2個、刀身重量 573g 、白鞘全長 94cm、拵全長 97cm
【時代】室町時代後期
【国】美濃 志賀関

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り高く、中切先延びる姿。

茎は、大磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔二。

彫物は、表に素剣、裏に腰樋を掻き流す。

地鉄は、板目肌、杢目を交え、流れごころとなり、地沸つく。

刃文は、互の目乱れ、足入り、よく沸づいて、金線・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

見どころ
美濃・志賀に住した兼延は、志賀関を代表する刀工です。山田関とも呼ばれます。現在の名古屋市帰宅の志賀町とその近辺の山田町の辺りで作刀し、かつての西春井郡山田荘と伝えられています。一派には、兼延のほかに、延次・国次・兼重らの刀工がいます。兼延は、同派中でも、比較的作品を多く残しており、明応3年とあるのがもっとも古い年紀作で、室町時代最末期まで、同名は数代継承されたと考えられます。黒味のある地鉄に、地沸が浮き立つように見え、刃文もよく沸づきほつれて砂流しがかかる様が見事です。磨上げていますが、反り高く、彫物にも特徴がよく見て取れます。

状態裏の地鉄は、表よりもやや肌立っています。
【付属品】ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(福岡県34195号 昭和34年12月8日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会令和2年11月9日発行)



【商品番号】A030921【価格】680,000円(消費税、国内送料込み)



ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.