Touken Komachi




太刀 白鞘入り
Tachi, Shirasaya
磯部一貫斎光広
Isobe Ikkansai Mitsuhiro
【銘文】太刀銘 表 : 遠州住磯部一貫斎光廣  裏 : 昭和癸亥年霜月吉日
【寸法】刃長 80.7cm(2尺6寸6分3厘)、反り 2.7cm(8分9厘)元幅 3.25cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.25cm、先幅 0.51cm、目釘孔 1個、刀身重量 814.5g 、白鞘全長109cm
【時代】昭和58年(1983)11月
【都道府県】静岡県

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、元先やや幅差つき、反り高く、猪首風の中切先となる。

生茎、鑢目大筋違、先栗尻、目釘孔一。 彫物は、表裏に棒樋を掻き通す。

地鉄は、板目肌よくつみ、流れ柾や小杢目ごころを交え、地沸つき、地景入る。

刃文は、中直刃、沸づき、金筋・砂流しを交える。

帽子は、直ぐに小丸に返り、先わずかに掃き掛ける。

見どころ
磯部一貫斎光廣は大正4年(1915)生まれ、本名を磯部光司といい、昭和15年から終戦まで宮口寿広のもとで修行し、昭和26年、伊勢神宮ご神宝製作の折には寿広師の向槌を務めています。師より「広」の一字を賜り、昭和35年に作刀承認を得て、一貫斎を襲名しました。作刀技術発表会や新作名刀展においても活躍し、静岡県浜松市で作刀した刀工です。本作は、昭和58年、光廣刀匠68歳の時の作で、二尺六寸六分余りの長寸の姿となり、破綻なく鍛え上げられた地鉄に、沸が多彩な働きをみせて直刃がきらめいています。

状態良好です。
【付属品】素銅地金着一重太刀ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(静岡県 第59272号 昭和五拾八年拾弐月拾四日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 令和3年8月27日発行)

【商品番号】A031022 【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.