Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(中島来)
Mumei, attributed to Nakajima-Rai
【銘文】無銘
【寸法】刃長 74.0cm(2尺4寸4分2厘)、反り 2.2cm(7分2厘)、元幅 3.07cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.40cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 3個、刀身重量 793g 、白鞘全長 104cm
【時代】南北朝時代
【国】摂津

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、輪反りつき、中切先延びる姿。

磨上茎、先切り、鑢目勝手下がり、目釘孔三。

彫物は、表裏に棒樋を掻き流す。

地鉄は、板目肌、やや肌立ち、地沸つき、地景入る。

刃文は、直刃調、湾れこころを交え、匂口深く、小乱れ交じり、小足入り、小沸よくつき、刃縁ほつれ、金線・砂流ししきりにかかる。

帽子は、乱れ込み、先尖りごころに掃き掛ける。

見どころ
磨上げながら堂々とした体配で、板目の鍛え肌が顕著に現れているあたりも中島来の特徴で見ごたえがあります。匂口の深い、小乱れ交じり小沸よくつく直刃刃文は、変化があり柔らかな明るさがあります。本阿弥光常の折り紙が付帯しており、折り目が傷まないように額装され状態よく保管されています。来国俊の門人であった来国長が、摂津国中島に移住して作刀したことから、地名を冠して「中島来」と呼ばれるようになり、「淡路来」とも呼ばれます。

状態良好です。棟に3箇所ほど細かな刀の受け疵がみられ、このような疵は研磨で取れるものでも取るべきものでもなく、いにしえの所持者の武勇の誉れであるとして古来「誉れ疵(ほまれきず)」と称揚されてきました。
【付属品】素銅地金鍍金二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(熊本県777号 昭和26年3月30日交付)、本阿弥光常折紙(額装)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成30年6月13日発行)



【商品番号】A031221 【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.