Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
金子介秀
Kaneko Sukehide
【銘文】表 : 武州住介秀作 裏 : 昭和五十四年二月日
【寸法】刃長 73.1cm(2尺4寸1分2厘)、反り 1.6cm(2分2厘)、元幅 3.26cm、元鎬重ね 0.74cm、先幅 2.27cm、先重ね 0.51cm、目釘孔 1個、刀身重量 870.5g 、白鞘全長 101cm
【時代】昭和54年
【都道府県】東京都

【特徴】身幅広く、重ね尋常、やや鎬高く、元先幅差つき、反り浅く、中切先となる姿。 生茎、鑢目浅い勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌よくつみ、小杢目交じり、地沸つく。

刃文は、互の目に丁子刃交じり、足入り、飛び焼きかかる。鎬地と棟も部分的に焼きが入る。

帽子は、直ぐに小丸に返る。

見どころ
よくつんだ地鉄に、焼幅が広く、足が長く入った動きのある乱れ刃文を焼いています。がっしりとした体配の一振りです。介秀は、金子三代太郎といい、明治39年生まれ、水心子系の金子秀吉の後裔で、昭和7年に日本刀伝習所に入門し、秋元昭友に作刀を学びました。はじめは友秀と銘を切り、のちに源介秀と改めています。東京立川市高松町に住し、本作は73歳時の晩年作です。「武州住源介秀」「武蔵国金子三代太郎源介秀」などと銘を切ります。年紀作は昭和四十、四一、四二、四四、四五などがあります。

状態全体に薄錆があります。生刃が残っています。
【付属品】銅一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都213862号 昭和54年4月26日交付)

【商品番号】A040222  【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.