Touken Komachi





刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
邑松臣重次
Muramatsu-shin Shigetsugu
【銘文】表 : 慶応元年八月吉日  裏 : 邑松臣重次作之
【寸法】刃長 cm(2尺4寸5分1厘)、反り (7分1厘)、元幅 3.37cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.22cm、先重ね 0.53cm、目釘孔 1個、刀身重量 947g 、白鞘全長 106.5cm、拵全長 111cm
【時代】江戸時代末期  慶応元年(1865)
【国】越後

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや厚く、鎬筋高く、反り高く踏ん張りつき、中切先となる姿。

生茎、鑢目大筋違に化粧鑢、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、板目肌、流れごころ、地沸つき、地景入る。

刃文は、小互の目に尖り刃や丁子刃、小湾れ刃が交じり、小足・葉入り、沸よくつき、金筋・砂流しかかり、飛焼入る。

帽子は、直ぐに小丸、やや深く返る。

見どころ
長さがあり、反りが高くきれいにつき、堂々とした体配の一振りです。刃寄りに流れ肌を交え、小模様の乱れ刃はよく沸づいて金筋や砂流しが長くかかり、豊富に働き冴えています。初代邑松臣重次は、板垣真之助といい、嘉永頃に越後で作刀しました。「北越邑松臣源重次」「村松臣重次」「邑松臣重次謹作之」「邑松臣重次作などと銘を切ります。年紀は文政十三(1830)、嘉永四(1851)などの現存作があります。二代重次は、板垣善左衛門といい、元治(1864-1865)頃に越後で作刀しました。「重次」と銘を切る作があることが銘鑑より知られています。本作は、慶応元年(1865)の年紀銘があり、作柄や銘字の実直さや若々しさから二代の襲名後の作と見るのが妥当とみられます。そうであれば、二代も邑松臣と銘を切ったことがこの作品から判明します。昭和27年の新潟県の登録であり、幕末村松藩の郷土刀として現地の愛刀家が所蔵されていた来歴をうかがわせています。

状態刀身はわずかにヒケがありますが、錆はなく概ね良好で、現状で保存と鑑賞が可能です。拵は、塗鞘は1か所塗り補修跡があり、栗形に1箇所塗りの剥落部分がありますがそのほかは良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(新潟県5633号 昭和27年9月6日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成28年7月21日発行)


【商品番号】A040322【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.