Touken Komachi




脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
奥州會津住長国
Oshu Aizu-ju Nagakuni
【銘文】表 : 奥州會津住長国 
【寸法】刃長 41.0cm(1尺3寸5分3厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 3.00cm、元棟重ね 0.50cm、元鎬重ね 0.75cm、先幅 2.55cm、先重ね 0.60cm、目釘孔 3個、刀身重量 465g 、
白鞘全長 62cm
【時代】江戸時代初期 寛永頃
【国】陸奥国

【特徴】鎬造、庵棟、長さに比して身幅広く、鎬筋高く、元先さほど幅差つかず、先反り強く、大切先となる姿。

茎は、磨上、先切り、鑢目勝手下がり、目釘孔三、区送り。

地鉄は、板目肌つみ、地沸厚くつく。

刃文は、互の目、尖り刃交じり、足入り、沸よくつき、砂流しかかり、飛び焼き入る。

帽子は、浅く乱れ込み、先尖りごころに返る。

見どころ
長国は三好氏、安芸広島の刀工常慶の子で、幼名は安広、宗左衛門、藤四郎とも称しました。伯父にあたる播磨守輝広の門人と伝えられます。伊豫松山城主加藤嘉明の抱え鍛治となり、文禄の役の折は渡鮮もしています。主家の転封に伴い、寛永四年に奥州会津へ移住しました。寛永八年六月十八日に五十五歳で没しました。子の政長と孫の長道(三善)が両家に分かれて跡を継ぎ栄えました。
本作は、「会津住」と銘文にあり、寛永四年以後に作られた晩年作です。鎬筋高く先反りつく大切先、地刃はよく沸づいて、すすどしい面持ちをなす一振りです。

状態良好です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福島県61510号 平成19年7月12日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成29年2月2日発行)

【商品番号】A040422【価格】240,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.