Touken Komachi




脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
無銘(岩井鬼晋麿正俊 あるいは源清麿) 
No signature attributed to Iwai Kishinmaro Masatoshi or Minamoto Kiyomaro
【銘文】無銘
【寸法】刃長 54.4cm(1尺7寸9分5厘)、反り0.6cm (1分9厘)、元幅 2.93cm、元重ね 0.50cm、目釘孔 1個、刀身重量 551.5g 、白鞘全長 79.5cm
【時代】江戸時代末期
【国】武蔵

【特徴】菖蒲造、または長巻直し造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、鎬筋高く、元先さほど幅差つかず、反りわずかにつき、フクラ枯れる姿。

 生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、杢目肌つみ、地沸つく。

 刃文は、互の目乱れ、浅く湾れ、足入り、沸よく付き、荒沸付き、金筋・砂流しかかる。

 帽子は、乱れて突き上げ、先尖って掃き掛ける。

見どころ
源清麿は、文化10年山浦信友の次男として信州赤岩村に生まれ、文政12年に兄真雄とともに上田藩工河村寿隆の門人となります。初名は「一貫斎正行」と名乗ります。天保6年、江戸に出て、幕臣・兵法家の窪田清音にも学び、四谷正宗と讃えられる優工として知られています。岩井鬼晋麿は、清麿の門に学んだ刀工です。本作は、杢目鍛えのよくつんだ地鉄に、覇気のある乱れ刃を焼いて力強い一振りです。菖蒲造の姿や作柄から、清麿の工房による作と鑑せられます。

状態小傷・小錆・ヒケなどがありますが、現状での保存と鑑賞が可能です。
【付属品】ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(鹿児島県35599号 平成16年5月11日交付)、保存刀剣鑑定書(岩井鬼晋麿正俊 : 日本美術刀剣保存協会H23.1.28発行)、銃砲刀剣研究会鑑定書(清麿 : 銃砲刀剣研究会H31.2.18発行)

【商品番号】A040520【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.