Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(海部)
Mumei, attributed to Kaifu
【銘文】無銘
【寸法】刃長63.2cm(2尺0寸8分5厘)、反り0.6cm(1分9厘)、元幅 2.84cm、元重ね 0.46cm、先幅 1.93cm、先重ね 0.38cm、目釘孔 1個、刀身重量 493g 、白鞘全長 89cm
【時代】室町時代後期
【国】阿波

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬やや高く、元先やや幅差つき、反り浅くつき、中切先となる。

 茎は、大磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔一。  

 地鉄は、板目肌、杢目交じり、地沸厚くつき、地景入る。  

 刃文は、直刃調、小湾れや互の目を交え、小足入り、匂い深く、小沸つき、砂流しかかる。

 帽子は、一枚帽子。

見どころ
地沸が厚くつき、地景の入る杢目交りの板目肌の地鉄に、ゆったりとした直刃調に小湾れや互の目を交えた、匂深く小沸つく刃文を焼いています。大磨上で、反りはさほどつかず、鎬高く元先にやや幅差がつく、大磨上げの姿です。焼き深く沸づく、覇気ある一枚帽子も見どころです。海部派は、阿波国海部郡海部郷、現在の徳島県海部郡海南町・海部町・宍喰町あたりに居住して作刀した刀工群です。『嘉吉目利書』等の古剣書に阿波国海部派の祖は、康暦から応永ころの氏吉と伝えているものの、その作品は現存せず、海部派は室町時代後期以降の作刀が多く知られています。海部派の作品には、しばしば綾杉風の肌が交じる地鉄の特徴が見られることから、海上交通によって、薩摩波平派と交流し、その影響を受けたとみる説もあります。

状態良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(広島県 59930号 平成17年5月25日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H31.2.25発行)

【商品番号】A040719【価格】280,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.