Touken Komachi




短刀 白鞘入り 拵付き
Tantô, Shirasaya, Koshirae
賢次(同田貫)
Yoshitsugu (Dotanuki)
【銘文】表 : 賢次
【寸法】刃長 16.8cm( 5寸5分4厘)、反りなし ( 0分0厘)、元幅 1.47cm、元重ね 0.68cm、目釘孔 2個、刀身重量 76.8g 、白鞘全長 30cm、拵全長 38.5cm
【時代】室町時代末期 天正頃
【国】肥後

【特徴】姿は、身幅やや狭く、重ね厚く、反りはなく、フクラ枯れる鎧通しの体配となる。

茎は、生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌練れ、柾がかり、地沸つき、淡く映り立つ。

刃文は、直刃、匂がちに小沸がところどころにつき、刃縁ほつれ、喰違い刃交じり、金線・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに先尖りごころに返る。

黒蝋色塗鞘小さ刀拵 : 丸に重ね菱紋図縁頭(石目地高彫金色絵)、石公張良図小柄(赤銅魚々子高彫地金銀色絵)、丸龍図目貫(容彫金色絵)、雨龍図鐔(鉄地木瓜形金布目象嵌)

見どころ
同田貫派は、室町時代末頃、加藤清正のお抱え鍛治となった上野介正国を始祖とする肥後菊池の刀工一派で、新刀期に及んでいます。中でも、左馬介・又八・源左衛門・兵部などと共に、賢次は優工として知られています。切れ味に優れた頑丈な作風が同田貫の賞翫される所以ですが、本作もその例に漏れず、実用性を重視して作られた鎧通しの姿で、刃長を短目にし、重ね厚く、茎を長く頑丈に仕上げています。ねっとりとした地鉄はよくつみ、直刃の匂を主体とする刃文はところどころ沸づき、喰違刃や金線を交える点も見どころです。付帯する江戸時代の作とみられる小さ刀拵は、丸に重ね菱の家紋を斬新な構図で配し金色絵をした縁頭と、龍の金具でまとめ、黒と金のコントラストが映えています。

状態若干、経年の研ぎ減りが感じられますが研磨状態は良好です。拵は、柄糸にほつれ・擦れがあります。
【付属品】真鍮地金鍍金ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(京都府47106号昭和六拾参年拾壱月八日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H28.8.26発行)



小刀 銘 金華濃州長良川邉藤原宗▫️山麓
【商品番号】A040919【価格】550,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.