Touken Komachi





脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
河内守正広(二代)
Kawachi no kami Masahiro, 2nd generation
【銘文】表 : 肥州河内守藤原正廣
【寸法】刃長 52.7cm(1尺7寸3分9厘)、反り 1.3cm(4分2厘)、元幅 3.42cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.59cm、先重ね 0.45cm、目釘孔1 個、刀身重量 637.5g 、白鞘全長 76cm、拵全長 74.5cm
【時代】江戸時代前期
【国】肥前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、元先幅差付き、中反りつき、中切先延びる姿。

生茎、鑢目大筋違、先入山形、表棟寄りに長銘を切り、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つき、米糠状の肌合いを呈する。

刃文は、中直刃、ごく浅い湾れごころを交え、小沸よくつき、小足入り、刃縁ほつれ、金線・細かな砂流しかかる。

帽子は、沸づき、小丸に返る。

鞘書 : 肥州河内守藤原正廣  直刃出来宜矣 刃長一尺七寸五分有之 昭和己酉年 晩秋 寒山誌(花押)

黒色変塗鞘脇差拵 : 花文小透鐔(鉄地)、牛図目貫(赤銅容彫)、笛牛図縁頭(銘 : 安親)

見どころ
二代河内守正廣は、初代正廣の子で、初銘を正永と切り、万治年間から寛文初年までに武蔵大掾・武蔵守を受領し、寛文五年四月に河内守に転じました。この同じ時期に、銘を正廣に改めたと考えられます。身幅広く迫力ある姿、肥前刀主流派のこまやかな米糠肌、沸がよくついた直刃は明るく冴え、地刃共に健全であり、同工中の優品として位置付けられる作です。

状態研磨済、たいへん良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(北海道 第24899号 昭和四参年拾壱月拾八日付)、倉敷刀剣美術館鑑定書(令和2年3月4日発行)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成29年3月12日発行)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会 昭和44年9月6日発行)


【商品番号】A041122  【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.