Touken Komachi




刀 拵入り
Katana, Koshirae
長船祐定(七兵衛尉)
Osafune Sukesada (Shichibee no jo)
【銘文】表 : 備前國住長船祐定
【寸法】刃長 69.0cm(2尺2寸7分7厘)、反り 1.8cm(5分9厘)元幅 3.30cm、元重ね 0.80cm、先幅 2.30cm、先重ね 0.53cm、目釘孔 1個、刀身重量 802.5g 、拵全長 97.5cm
【時代】室町時代後期
【国】備前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ねやや厚く、鎬筋高く、元先やや幅差つき、先反りつき、中切先詰まりごころとなる姿。

 生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌つみ、杢目交じり、地沸厚くつき、乱れ映り立つ。

 刃文は、腰開き互の目に、角ばる刃や小互の目刃が交じり、小足・葉入り、小沸つく。

 帽子は、乱れこみ、小丸、返りはやや深い。

 黒叩き塗鞘半太刀拵 : 鐔(鉄地木瓜形)、土筆蕨図目貫(赤銅地容彫金色絵)、素文縁(赤銅石目地)、兜金・石突・柏葉・鯉口金具(鉄地)

見どころ
七兵衛尉祐定は、元亀・天正頃に備前長船の地で作刀した刀工で、室町時代末期に同名の刀工が多数存在する祐定の中でも、上手としてよく知られています。「備前国住長船高木七兵衛尉祐定」「備前国住長船七兵衛尉祐定」等と銘を切り、元亀三、天正十八などの年紀作があります。身幅や重ねがしっかりとして手持ちの重量感があり、地鉄はつんで精良な肌合いを呈し、よく沸付いて変化に富んだ匂口明るい乱れ刃を焼いています。

状態刀身は、細かなヒケ、微小な刃こぼれ、薄錆があります。塗鞘は、部分的に剥落があります。
【付属品】ハバキ、拵、拵袋、登録証(広島県13506号 昭和丗参年八月廿壹日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会R2.8.28発行)


【商品番号】A041220【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.