Touken Komachi




脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
(菊紋) 備中守橘康広
Kiku-mon Bicchu no kami Tachibana Yasuhiro
【銘文】表 : 備中守橘康廣 裏 : (菊紋)
【寸法】刃長 44.8cm(1尺4寸7分8厘)、反り1.3cm(4分2厘)、元幅 3.06cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.33cm、先重ね 0.55cm、目釘孔 1個、刀身重量 494.5g 、白鞘全長 67.5cm
【時代】江戸時代中期
【国】摂津

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや厚く、先幅はさほど狭まらず、先反り強く、中切先延びる姿。

茎は、生茎、鑢目大筋違、先剣形、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌つみ、地沸よくつき、鎬地や裏の腰元などに部分的に大肌が交じる。

刃文は、短い直ぐの焼き出しがあり、大互の目乱れ、焼幅広く、匂を敷いて小沸よく付き、金線・砂流しがしきりにかかる。

帽子は、直ぐに先掃き掛けて、尖りごころに返る。

見どころ
備中守橘康広は石堂派の刀工で、初代康広は、富田五郎左衛門とといい、為安の子、本国は紀伊でのちに摂津に移住し京でも作刀しています。主な活躍時期は寛文頃と見られ、二代は貞享頃、三代は享保の頃作刀しています。本作は、先反りつき迫力のある姿で、匂口の明るい沸がよくつく大互の目乱れの刃文に金線・砂流しがしきりにかかり、晴れやかな一口となっています。

状態裏の帽子と、表の鎬地区上2~ 5cmあたりに小キズがありますが、鑑賞を妨げるほど目立つものではありません。その他の状態は良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(北海道 第14092号 平成30年8月24日再交付/昭和33年12月19日登録)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H14.12.26発行)

【商品番号】A050120【価格】300,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.