Touken Komachi







小刀 白鞘入
Kogatana, Shirasaya
【銘文】表 : 薄緑 豊後 長圓 /裏 : 源義□□
【寸法】刃長 11.2cm(3分6厘)、反り なし、元幅 1.15cm、元重ね 0.19cm、目釘孔 なし、刀身重量 13.1g、小刀全長 19.5cm、白鞘全長 22.3cm
【時代】江戸時代後期
国】不明
【特徴】鎬を立て、刀身の刃部に比して茎を長めに仕立てた珍しい姿。地鉄が冴え、互の目に尖り刃や小互の目刃が交じり、飛び焼きかかり小沸つき匂口明るい。帽子は僅かに掃き掛けて丸く返る。

【見どころ】「熊野より春の山を分けて出でたり。夏山は緑も深く、春は薄かるらん。されば春の山を分け出でたれば、薄緑と名付けたり」(平家物語)。源義朝、源為義、熊野別当教真、その子湛増らを経て、源義経に贈られた元「膝丸」と呼ばれていたこの太刀は、義経によって「薄緑」と命名され愛刀として義経の奮闘を支え、のちに箱根権現に奉納されたと伝えられます。多くの古剣書は、その作者を豊前の長円としています。本作は、明るく冴えたみずみずしい地刃の出来に春の山の息吹に通じる気分があり、薄緑が伝えるスケールの大きな歴史物語にそのイメージを重ねたものと観ることができます。

【状態】
切先、小刀区に薄い錆があります。
【付属品】白鞘、白鞘袋

【商品番号】A050419【価格】55,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.