Touken Komachi




刀 拵入り
Katana, Koshirae
加州家重
Kashu Ieshige
【銘文】表 : 加州住家重造

【寸法】刃長 67.8cm(2尺2寸4分0厘)、反り 1.21cm(4分0厘)、元幅 3.01cm、元重ね 0.63cm、先幅 2.00cm、先重ね 0.39cm、目釘孔 貳個、刀身重量 646g 、拵全長 98.5cm

【時代】江戸時代前期
【国】加賀

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、元先幅差つき、反り浅く、やや先反りつき、中切先となる。

 茎は、生茎、鑢目は筋違い、先入山形、目釘孔二。

 地鉄は、小板目肌、流れごころを交え、地沸つき、白気映り立つ。

 刃文は、互の目に尖り刃を交え、小沸よくつき、砂流しかかる。

 帽子は、乱れ込み、小丸、先掃き掛けて返る。

 青貝散茶石目塗鞘打刀拵 : 菱雁繋透鐔(鉄地 角丸形)、波流水菊図縁頭(鉄地 毛彫金色絵)、這龍図目貫(赤銅地 容彫)

見どころ
家重は、加州金沢藩の藩工です。初代家重は慶長頃の人で、姓は松戸、同銘が三代続きます。

 三代目(二代目説あり)家重は、寛文元年(1661)、前田主殿から四辻大納言に依頼し伊予大掾を受領して以降、藤原家重から橘勝国に改名しました。初代勝国は、規則正しい三本杉を焼く切れ味に優れた大業物として知られ、兼若と並んで加州新刀を代表する刀工です。代々、「陀羅尼」と号するこの勝国一派は、途中四代目以降は一時勢いが衰えながらも江戸時代末期の七代目勝国の作品が現存しており、幕末まで家伝が継承されたことが知られます。金沢市堀川角場町(現在の堀川新町)の久昌寺が、陀羅尼勝国一派の菩提寺です。

 本作は、つんだ小板目肌に沸の光強い三本杉を焼いて、手持ちのバランスの取れた体配。拵は、わずかに青貝を散らした濃い色合いの茶石目塗鞘とし、柄をやや長目に仕立て立鼓をとる柄成りの形状、漆がかけられた柄巻・縁頭などの特徴などから、武芸の技に長じた剣士が所有した一振りであったことが窺えます。

状態わずかにヒケがあります。物打ちあたりの刃先に小錆があります。拵の状態は良好です。

【付属品】加州ハバキ、拵、拵袋、登録証(石川県第4581号 昭和28年5月29日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H31.2.25発行)




【商品番号】A050719【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.