Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(文珠重国)
Mumei, attributed to Monju Shigekuni
【銘文】無銘
【寸法】刃長 74.0cm(2尺4寸4分2厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.16cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.12cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 2個内1個埋、刀身重量 893g 、白鞘全長 102.5cm
【時代】江戸時代前期
【国】紀伊

【特徴】鎬造、庵棟、身幅やや広く、重ね厚め、鎬筋やや高く、浅く反りつき、元先に幅差つき、中切先延びる姿。

茎は磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔二内一埋。

地鉄は、板目肌よくつみ、杢・流れ肌を交え、ところどころ大肌が交じり、地沸よくつき、地景入る。

刃文は、直刃、匂深く、小沸つき、刃縁ほつれ、喰違刃交じり、掃掛け・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先掃掛けて、やや深く返る。

見どころ
よくつんだ小板目の鍛え肌に大肌がところどころ入り交じり、よくおさまった水面の深いところに対流が動くように静かな生気を宿した自然な地鉄が、匂口の明るい直刃とよく調和しています。大和の伝統的な作風で、貫禄ある出来栄えとなっています。重国は、慶長末〜元和初頭頃、駿府で作刀し、元和5~6年頃、徳川家康の旗下・都筑久太夫氏勝の推挙により紀州頼宣に召抱えられ和歌山で作刀しました。以後、南紀重国と銘し、本国大和で手掻派の末葉とする伝承から、文珠(手掻派の別称)とも称します。初代は九郎三郎、二代は金助、三代は初代と同様に九郎三郎といい、重国の名跡は江戸時代後期まで続きました。

状態薄錆・曇りが少しありますが、さほど目立たず、現状で保存と鑑賞が可能です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 323329号 令和参年四月弐拾八日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 令和3年12月3日発行)

【商品番号】A050822【価格】380,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.