Touken Komachi







脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘(文珠)
Mumei, attributed to Monju
【銘文】無銘
【寸法】刃長 45.0cm(1尺4寸8分5厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.71cm、先幅 1.94cm、先重ね 0.48cm、目釘孔 2個、刀身重量 457.5g 、白鞘全長 63.5cm、拵全長 68cm
【時代】江戸時代中期
【国】畿内またはその周縁



【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、元先に幅差がついて、反り頃合いに付き、中切先となる姿。

茎は、生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔二。

地鉄は、小板目肌よく詰み、地沸つく。 刃文は、湾れに互の目、大互の目、矢筈風の刃などを交え、足入り、匂深く、沸よく付き、砂流しかかり、飛び焼き入りところどころに玉を焼く。

帽子は、直ぐに小丸に返る。

見どころ
手持ちのバランスの良い姿です。大和手掻派の本流の別称を文珠といい、奈良から派生して、文禄頃伏見に移った伏見文珠、泉州堺に移住した山上文珠、奈良に残った弟子筋の奈良文珠などがあります。紀州の南紀重国や摂津の左陸奥包保は、山上文珠の流れを汲むとされます。本作は、畿内かその周縁の地で作刀した文珠派の刀工の作と考えられます。ちなみに、若草山の野焼きの前に儀式が行われる野上神社は、文珠四郎の金床石とその作刀で断ち割った伝説の石があることから、別名文珠四郎社とも呼ばれているそうです(福永酔剣『日本刀大百科事典』)

状態】良好です。
【付属品】素銅地金色絵一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(兵庫県 118912号 平成20年8月21日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H22.7.2発行)


【商品番号】A060120【価格】220,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.