Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(越州国行/石州貞綱)
Mumei, attributed to Etsushu Kuniyuki or Sekishu Sadatsuna
【銘文】無銘
【寸法】刃長 70.2cm(2尺3寸1分6厘)、反り 1.7cm(5分6厘)、元幅 3.14cm、元重ね 0.48cm、先幅 2.36cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 3個、刀身重量 649.5g 、白鞘全長 99cm
【時代】南北朝時代 
【国】越前 あるいは 石見

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや薄く、先幅さほど狭まらず、やや反りつき、中切先延びる姿。

茎は、大磨上、鑢目勝手下がり、先切り、目釘孔三。

彫物は、表に棒樋を掻き流し、裏に二筋樋を掻き流す。

地鉄は、板目肌やや肌立ち、杢目や流れごころを交じえ、地沸つき、地景入り、黒味を帯びる。

刃文は、互の目乱れ、小互の目刃を交じえ、匂深く、沸よくつき、金筋・砂流しがしきりにかかり、飛び焼き入る。

帽子は、乱れ込み、小丸に返り、掃き掛ける。

見どころ本作は、南北朝の典型的な体配で、大磨上げながら、身幅広く、重ねは身幅に比して薄く、中切先が延びる豪壮な造り込みです。越州国行は、在銘確実な作は少ないものの貞治年紀のある作があることから時代は明らかですが、系統はまだよくわかっていません。相州伝のような沸が強調された作風で、北国ものの黒味を帯びた地鉄に柾がかるのがその特色とされます。一方、初代石州貞綱は、直綱の子で、南北朝時代・正平頃の刀工です、互の目が連れて強く沸づき、かな色に黒味があることなどが鑑定の決め手となります。

無銘の一振りの極めは、鑑定家によって意見が必ずしも一致するとは限りません。そこが面白いところです。ただ、南北朝という時代は、どなたが鑑定されても一致しています。手元に置いて、この時代のさまざまな御刀と比較検討してみることで新たな見解を得ることができるかもしれません。出来はたいへんよく、鑑賞価値の高いお品で、南北朝期の刀がお好きな方におすすめの一振りです。

状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(広島県9588号 昭和30年9月26日交付・平成16年7月9日再交付)、特別保存刀剣鑑定書 : 越州国行(日本美術刀剣保存協会 平成21年3月4日発行) 倉敷刀剣美術館鑑定書 : 初代石州貞綱(令和3年4月30日)
【商品番号】A060821【価格】880,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.