Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(圓龍子国秀)
Mumei, attributed to Enryushi Kunihide
【銘文】無銘
【寸法】刃長 71.5cm(2尺3寸5分9厘)、反り 2.0cm(3分3厘)、元幅 3.23cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.27cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 1個、刀身重量 750.5g 、白鞘全長 99cm
【時代】江戸時代後期
【国】相模

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや厚く、元先にやや幅差つき、反り高く、中切先延びる姿。

彫物は、表裏に棒樋を掻き丸止めとする。

生茎、鑢目勝手下がりに化粧鑢、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、大板目肌よく練れ、杢目交じり、地沸つき、太く地景入る。

刃文は、直刃調、小互の目交じり、小足・刃入り、叢沸つき、金筋入り、さかんに砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

見どころ
立花圀秀は、安政頃の相模の刀工です。まぜ鉄によってできる肌物鍛を案出した中山一貫斎義弘の門弟で、藤枝英義(ひでよし)、宮口繁寿(しげとし)らと同門です。「相州住圀秀」「相州鎌倉住圀秀」「相州鎌倉住橘圀秀」などと銘を切り「立花」と「橘」を使い分けています。年紀には嘉永四・七、安政二・三、文久元などがあります。師伝の鍛肌が顕著な地鉄に、幾重にも砂流しかかる景色が爽快な作です。表裏ともに棒樋が深く彫られているためか、外観の印象より手持ちは軽く感じられます。

状態切先に極小の刃こぼれが1か所あります。そのほかは良好です。
【付属品】銀地横鑢一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(佐賀県24021号 昭和54年7月10日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成19年5月1日発行)

【商品番号】A060822 【価格】320,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.