Touken Komachi







薙刀直し脇差 白鞘入り 拵付き
Naginata Naoshi Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘(志賀関兼延)
Mumei, attributed to Shiga-seki Kanenobu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 49.8cm(1尺6寸4分3厘)、反り1.2cm(3分9厘)、元幅 3.04cm、元重ね 0.48cm、先幅 2.78cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 2個、刀身重量 498.5g 、白鞘全長 72.5cm、拵全長 70.5cm
【時代】室町時代中〜後期
【国】尾張

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広く、重ね薄く、鎬筋高く、元先さほど幅差つかず、先反り付き、大切先となる薙刀を磨上げた、薙刀直し。

 茎は、大磨上、先切り、鑢目切り、目釘孔二(内一埋)、折り返し銘は消去されている。  彫り物は、表裏に薙刀樋を彫る。裏鎬筋上に細い棒樋を彫り丸止めとする。

 地鉄は、板目肌、流れて柾がかる肌や杢目を交え、地沸つき、 わずかに白気映り立つ。

 刃文は、互の目乱れ、小湾れや尖りごころの刃を交え、匂口締まりごころ、ほつれ、小足入り、沸つき、金線・砂流しかかる。

 帽子は、乱れ込み、小丸、先掃き掛ける。

 黒蝋色塗腰刻鞘脇差拵 : 献上鐔(赤銅磨地)、安宅関図縁頭(赤銅魚々子地高彫象嵌色絵)、花籠図目貫(容彫金色絵)、竹雀図小柄(赤銅魚々子地金色絵)、小柄穂(銘 丹波守吉道)、竹雀図笄(赤銅魚々子地金色絵)

見どころ
尾張国志賀(現在の名古屋市北区およびその北辺の山田町)に住した兼延は「志賀関」あるいは「山田関」と称され、直江志津派や善定派の兼延と区別されます。この一派が住した一帯は、かつての西春井郡山田荘と考えられています。兼延のほか、延次・国次・兼重らのが知られ、中でも現存作の比較的多い兼延の明応三年(1494)の紀年銘の作がもっとも時代が遡る遺例と見られます。兼延は室町時代末まで数代があります。本作は、板目に流れ柾や杢目の交じる清良な鍛え肌がよく見て取れ、匂を主体として小沸つく明るい互の目乱れの刃文を焼いています。先反りのついた大切先の薙刀直しの体配が見事な脇差です。弁慶に薙刀といえば、強いものがより強くなることを意味します。本作は薙刀直しだけに、武蔵坊弁慶の安宅関での活躍を題材とした縁頭を用いた拵が付帯しており、本作を所有する人の心強い味方となってくれること請け合いです。

状態良好です。

【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(東京都306464号 平成弐拾参年拾月拾壱日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H24.1.27発行)


【商品番号】A060919【価格】650,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.