Touken Komachi




短刀 拵入り
Tanto, Koshirae
井正次
Sakurai Masatsugu
【銘文】表 : 卍正次  裏 : 明治廿七年十月 為新海君 光石
【寸法】刃長 21.6cm(7寸1分2厘)、反り なし、元幅 2.30cm、元重ね 0.58cm、目釘孔 1個、刀身重量113.4g 、拵全長 37.5cm
【時代】明治27年(1894)
【都道府県】東京

【特徴】平造、庵棟、身幅・重ね尋常な短刀姿。

生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌よくつみ、微塵に地沸つく。

刃文は、腰開き互の目乱れ、足入り、小沸つき、砂流しかかる。

帽子は、丸く返る。

黒蝋色銀総金具小さ刀拵


見どころ
桜井正次は、明治2年(1869)、東京生まれ、固山宗次門の廣次に作刀を学び、明治28年(1895)に東京美術学校の鍛金科の嘱託講師を経て、鎌倉の瑞泉寺の鍛錬所で作刀しました。銘文に卍を刻するので、「まんじまさつぐ」と呼ばれます。明治21年から大正6年(1888-1917)、皇族の有栖川宮親王は、神戸市西部の「舞子」という地籍の別邸に鍛錬場を作り、刀工を召抱えました。正次はここで有栖川宮親王の相槌をつとめています。昭和25年(1950)没。本作は明治27年(1894)、正次25才時の作品です。明治時代、彫刻家の高村光雲の弟子の俵光石から、同じく彫刻家の新海竹太郎に贈られたという来歴が裏銘に刻まれてます。

状態刃先に小錆・区上に横スレがあり、古研ぎのままで伝えられ、きれいな姿を保っています。

【付属品】素銅地金着一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(東京都152989号 昭和四拾五年参月拾九日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成10年2月4日発行)


【商品番号】A060922 【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.