Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
初代 越前康継
1st generation Echizen Yasutsugu
【銘文】表 : (葵紋)(紋後刻)以南蠻鉄於武州江戸越前康継 
【寸法】刃長 67.3cm(2尺2寸2分1厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 2.77cm、元重ね 0.56cm、先幅 2.09cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 4個、刀身重量 629g 、白鞘全長 98cm
【時代】江戸時代初期
【国】武蔵

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅め、中切先延びる姿。

茎は、鑢目勝手下がり、先入山形、目釘孔四、区を一寸ほど送る。

地鉄は、板目肌、杢交じり、流れごころを交え、地沸つき、地景入る。

刃文は、直刃を基調に浅く湾れ、小互の目が連れて交じり、足入り、むら沸付き、金筋・砂流し・湯走りかかる。

帽子は、乱れ込み先掃き掛けて尖りごころ、長く返る。

見どころ
初代康継は、近江国坂田郡下坂郷に生まれ、下坂市左衛門と称し、はじめ「肥後大掾下坂」と銘を切ります。のち越前に移住して結城秀康のお抱えとなり、慶長10年から11年頃に江戸に召し出され将軍家康・秀忠の前で鍛刀し、葵紋と「康」の字を賜り康継と改名しました。徳川将軍家の抱え鍛治として、大坂落城の折、焼失した秀吉の御物の多くを再刃した経験から、名物の写しを多く手がけました。初代康継は、隔年で本国越前と江戸で鍛刀しましたが、本作は銘文より江戸打ちであることが分かり、黒味を帯びて総体にやや肌立つ越前鉄の特徴を見て取ることができ、同工の典型的な作柄となっています。以後、一門は江戸と越前で幕末まで繁栄しました。

状態研磨済み、良好です。
【付属品】銀二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大阪府 34136号 昭和35年9月20日交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会S63.10.8発行)

【商品番号】A061219【価格】1,200,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.