Touken Komachi




刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
近江守助直
Omi no kami Sukenao
【銘文】表 : 近江守助直  裏 : 寛文十二年八月日
【寸法】刃長 69.9cm(2尺3寸0分6厘)、反り 1.4cm(4分6厘)、元幅 3.11cm、元重ね 0.67cm、先幅 1.89cm、先重ね 0.39cm、目釘孔 2個中1埋、刀身重量 679.5g 、白鞘全長 96cm、拵全長 102cm
【時代】江戸時代前期  寛文12年(1672)
【国】近江(摂津)

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅く、中切先となる姿。

生茎、鑢目筋違に化粧、先入山形、目釘孔二内一埋。

地鉄は、小板目肌つみ、地沸厚くつく。

刃文は、湾れに互の目交じり、匂深く、足入り、小沸よくつき、砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸に返る。

見どころ
近江守助直は、近江国高木に生まれ、大坂の越前守助広の門で作刀を学びます。修行を終えると、いったん高木へ帰郷したことが、銘文に「高木住」と切る作があることから知られます。寛文8年の年紀作が最も古く、「高木住」と切る作は延宝頃の年紀が多くなります。寛文12年の年紀がある本作は、独立後、比較的早期の作と考えられます。江戸時代の武士の差料としてバランスのとれた姿で、深々とした匂を敷きよく小沸がついた、ゆったりとした明るい湾れ刃文です。助直が40代半ばとなる天和2年頃、すなわち助広の没年あたり以降は、助広の妹婿となり、襲名して津田姓を切っています。こうして大坂に定住するようになった助直は、津田の名声を落とすことがなかったといいい、優品が多く今日まで伝えられています。

状態差表の物打ちあたりの刃肌にやや荒れたところがあります。わずかに鞘擦れがありますが目立つほどではありません。現状で保存と鑑賞が可能です。拵は江戸時代の呂色塗鞘で、表の半ばから鞘先にかけては光沢がありますが表の栗形あたりや裏は帯刀の際に自然に擦れたとみえ、つや消し状に変化しています。柄糸は比較的近年に巻直したとみられますが、使い込まれた拵です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(埼玉県 64109号 平成4年9月29日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成31年2月25日発行)


【商品番号】A061221 【価格】1,100,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.