Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(下坂)
Mumei, attributed to Shimosaka
【銘文】無銘
【寸法】刃長 75.44cm(2尺4寸9分0厘)、反り 0.75cm(2分5厘)、元幅 3.24cm、元重ね 0.82cm、先幅 2.28cm、先重ね 0.57cm、目釘孔 3個、刀身重量 931g 、白鞘全長 105cm
【時代】江戸時代初期
【国】越前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、反り浅くつき、中切先延びる豪壮な姿。

茎は、大磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔一。 彫物は、表裏に棒樋を掻き流す。

地鉄は、板目肌、杢交じり、やや肌立ち、地沸つき、地景入る。

刃文は、浅い湾れに、連れた小互の目を交え、匂口沈みごころ、小足・葉入り、沸よくつき、砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

見どころ】切先が大きく延び
磨上げてなお豪壮な体配をとどめてずっしりとした手持ち感があり、鉄色が黒みを帯びてよく練れた地鉄に、ゆったりとした湾れ乱れの刃文を焼いています。下坂は越前の刀工集団で、同派の代表格の刀工である初代康継は徳川将軍家の抱鍛治となります。「越前国下坂」と銘した個銘を明らかにしない出来の優れた作も多く、幾人かで構成された鍛治集団によって、商標として「越前国下坂」が用いられていたことがわかります。

状態はばき元にわずかに薄錆による曇りがありますが、その他は良好です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福岡県 8031号 昭和26年3月12日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H30.3.15発行)

【商品番号】A070120【価格】380,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.