Touken Komachi





脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
青龍軒盛俊
Seiryuken Moritoshi
【銘文】表 : 巌國山麓青龍軒盛俊造之 裏 : 元治元年甲子八月日
【寸法】刃長 59.6cm(1尺9寸6分6厘)、反り1.6cm(5分2厘)、元幅 3.00cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.05cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 1個、刀身重量 602.5g 、白鞘全長 90cm、拵全長 86cm
【時代】江戸時代後期
【国】周防

【特徴】鎬造、庵棟、身幅やや広く、重ね厚め、反り高く、中切先延びる姿。

 生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔一。

 彫り物は、表に北斗七星を、裏に南斗六星と日月を彫る。  地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。  刃文は、互の目に、足入り、小沸つく。

 帽子は、乱れこみ小丸、長く返る。

 変わり塗鞘半太刀拵 : 雲竜図鐔(鉄地)、竜図目貫(銅地容彫金色絵)、花文図縁(鉄地)、兜金・鞘金具(鉄地)

見どころ
青龍軒盛俊は、岩本清左衛門といい、号をはじめ青竜子とし、のちに青龍軒と改めました。天保八年、周防から江戸に出て長運斎綱俊の門人となり、さらに固山宗次にも師事しました。長州萩の毛利家の支藩、岩国藩主の吉川家の抱え鍛治となり活躍しました。本作は、元治元年に製作された一振りで、小板目肌の細かくつんだ地鉄に、青龍軒盛俊が得意とした小沸つく互の目に足長く入る「足長丁子」の刃文を焼いています。刀身には、北斗七星や南斗六星、日月を表した刀身彫刻が施されており、独特な趣を醸し出しています。

状態古研ぎです。薄さび、ヒケ、横スレなどがあります。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(青森県12089号 昭和四十七年九月二十五日交付)、倉敷刀剣美術館鑑定書(H30.2.27発行)


【商品番号】A070221【価格】450,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.