Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
金房政重
Kananbo Masashige
【銘文】表 : 金房政重

【寸法】刃長 54.70cm(1尺8寸0分5厘)、反り1.40cm(4分6厘)、元幅 2.74cm、元重ね 0.63cm、目釘孔 1個、刀身重量 426.5g 、白鞘全長 77cm

【時代】室町時代末期
【国】大和

【特徴】大平造、身幅尋常、身幅に比して重ねやや厚め、反り浅く滑らか、フクラつく。

生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。

地鉄は、板目肌、杢目交じり、地沸つき、白気ごころあり、地斑状のかねが交じる。

刃文は、互の目に、小湾れ、小互の目交じり、小足・葉入り、匂口冴え、刃縁ほつれ、小沸よくつき、細かな砂流ししきりにかかる。

見どころ】金房派は、室町末期・奈良金房辻のあたりで作刀した刀工集団です。永正14年紀の正重銘がもっとも古く、天文頃が全盛期であったと考えられ、代表工には正清、正実、政定、政重らがいます。福永酔剣氏は、興福寺成身院の家元で興福寺僧兵の長であった筒井順昭らが、天文元年(1532)、土一揆勢力に敗走したのにこりて、武備の充実を図るため金房鍛治を育成したという説を提示しています。戦乱の世の民衆の力の凄まじさ、それに対応する武器として金房派の作が生まれたのであれば、生々しく切実で荒々しい時代の空気を映した作風に一層合点がいきます。本作は、変化に富む地鉄・刃文の働きを楽しめるだけでなく、軽快で実践的な片手打ち大平造の手持ちの良さをぜひ味わって欲しい一振りです。

状態極小さな薄錆があるものの、保存鑑賞の妨げとなるものではなく、良好です。

【付属品】ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都155234号 昭和45年6月25日交付)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会S45.9.12発行)


【商品番号】A070320【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.