Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(新々刀海部)
Mumei, attributed to Shinshinto Kaifu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 72.8cm(2尺4寸0分2厘)、反り 1.9cm(6分2厘)、元幅 3.01cm、元重ね 0.63cm、目釘孔 1個、刀身重量 562g 、白鞘全長 99cm
【時代】江戸時代後期
【国】阿波

【特徴】大平造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、反り頃合いにつき、先幅さまで狭まらず、フクラつく姿。

 生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔一。

 彫物は、表に梵字・護摩箸・蓮台、裏に素剣に爪を彫る。

 地鉄は、板目肌流れごころ。地沸つき、白気映り立つ。

 刃文は、小湾れに互の目を交え、沸よくつき、金線・砂流しかかる。

 帽子は、丸く、沸ついて長く返る。

見どころ
珍しい大平造の体配で、造り込みと長さ、重さ、反りのバランスがよく考慮された一振りといえます。舟底形の茎の形状は相州伝を意識して後年改変されたと見えます。彫物も後年加えられた可能性があります。しかしたっぷりとしたフクラは海部切先と呼ばれ海部ものの特徴です。海部鍛治は、阿波国海部郡海部郷に居住した刀工群で、早くて南北朝末期から室町初期ごろから江戸末期の新新刀期まで続いています。本作は、新々刀期の海部派の作です。

状態わずかにヒケがあり、区上5cmほどの棟と刃区に小錆がありますが、鑑賞の妨げとなるものではありません。現状での保存が可能です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(高知県28363号 昭和59年8月7日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H24.1.27発行)

【商品番号】A080320【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.