Touken Komachi




脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
無銘(古三原)
Mumei, attributed to Ko - Mihara
【銘文】無銘
【寸法】刃長 52.8cm(1尺7寸4分2厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 2.85cm、元重ね 0.63cm、先幅 2.45cm、先重ね 0.54cm、目釘孔 1個、刀身重量 545g 、白鞘全長 79.5cm
【時代】南北朝時代
【国】備後

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差つかず、鎬高く、反り頃合いについて、大切先となる姿。

 茎は、大磨上、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。  彫り物は、表裏に棒樋を掻き流す。

 地鉄は、板目肌やや肌立ち、杢目や流れ柾を交え、地沸つき、地景入理、白気ごころの映り立つ。

 刃文は、中直刃、小互の目交じり、刃縁にほつれ、喰い違い刃などが交じり、沸よくつき、匂口明るく冴える。

 帽子は、浅く湾れ込み、先尖りごころ、わずかに掃き掛けて、深く返る。

見どころ
豪壮な大切先の大胆な姿が特徴的な脇差です。古三原は、鎌倉時代末期から南北朝期にかけて、備後国三原と呼ばれる地方で作刀した刀工群です。この地域には、大和の社寺の荘園が多くあり、交流が盛んに行われたと見え、大和気質が窺える作風が見どころです。本作は、縮緬肌のような鍛え肌を呈し、青江風も混在しています。

状態良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(愛知県32104号 昭和四拾弐年九月廿壱日交付)

【商品番号】A080321【価格】880,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.