Touken Komachi




脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
(葵紋)越前康継作之と銘あり
Signed as Aoimon Echizen Yasutsugu Saku Kore
【銘文】表 : (葵紋)越前康継作之 裏 : 以南蠻鐡
【寸法】刃長 54.1cm(1尺7寸8分5厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.96cm、元重ね c0.67m、先幅 1.85cm、先重ね 0.33cm、目釘孔 1個、刀身重量 475g 、拵全長 76cm
【時代】江戸時代初期
【国】越前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅く、中切先となる姿。

  生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。

  地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。

  刃文は、浅く湾れ、小沸よくつく。

  帽子は、直ぐに小丸に返る。

  瑞雲文塗鞘脇差拵 :虎子渡図縁頭(銘 拙齊壽正雕 赤銅磨地高彫金色絵)、雨図目貫(龍赤銅容彫)、波龍図鐔(銘 長州燕里作 鉄地鋤下彫)、鵺退治図栗形(鉄地高彫象嵌色絵)、虎図(銘 信政 真鍮地高彫金色絵)

見どころ
越前三代康継に擬せられる銘がありますが、後銘と考えられます。とはいえ、寛文新刀の体配から、作刀年代は江戸時代前期とみられ、地刃は越前新刀の作風を示しており、康継と同じ越前下坂波派の刀工によって作られた一振りであると鑑られます。越前下坂鍛治は、近江国坂田郡下坂村が発祥の地であり、戦国時代には美濃国において需要の高まりをみせた刀剣類の作刀を経て、江戸時代初期に越前にその多くが移り、初代康継など名工を輩出しました。

状態刀身、拵ともに良好です。
【付属品】ハバキ、拵、拵袋、登録証(福岡県57881号 昭和四拾五年四月拾五日交付)、倉敷刀剣美術館鑑定書(H30.9.24発行)


【商品番号】A080621【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.