Touken Komachi





脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
兼常
かねつね
【銘文】表 : 兼常
【寸法】刃長 33.5cm ( 1尺1寸0分5厘)、反り0.7cm ( 2分3厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.66cm、目釘孔 2個、刀身重量 289.5g 、白鞘全長 54cm、拵全長 73.5cm
【時代】室町時代末期
【国】美濃



【特徴】姿は、平造り、三ツ棟、身幅広く、重ねやや厚く、先反りつく。

 茎は、檜垣鑢、先浅い栗尻、目釘孔二。

 彫物は、表裏ともに、棒樋を掻いて区上で丸止めとする。

 地鉄は、板目肌練れてやや肌立ち、流れ柾を交え、地沸つき、地景入り、白気映り立つ。

 刃文は、互の目乱れ、小互の目や小湾れを交え、小足入り、匂口明るく、沸よくつき、刃縁に細かな砂流しかかる。

 帽子は、地蔵風、先に飛焼入り、深く返る。

 鳳凰文螺鈿黒蝋色塗鞘脇差拵 : 秋草図鐔(山銅地鋤出高彫象嵌色絵)、 獅子図目貫(赤銅容彫)、獅子図縁頭(赤銅魚々子地うっとり色絵)、獅子図笄(赤銅地金色絵)

見どころ
寸は短めに身幅広く反りのつく力強い体配で、やや肌立つ板目肌に流れごころの肌交じり、焼き出し映りのある白気映りが棟寄りに立ち、焼幅の広い互の目乱れの刃文を焼いた小脇差です。本作は、紀州徳川家に伝来したお品と伝えられており、刀身の出来の秀逸さに加え、鳳凰文の螺鈿装飾が施された塗鞘が優雅で、なおかつ縁頭・鐔・目貫・シトドメ等の金具や鮫皮も極上のものを使用した豪華な脇差拵が附帯していることからも、その由緒が首肯されます。兼常は、美濃 関の刀工で、室町時代応永頃より数代があり、新刀期に及ぶとその末流が雲州や武州など各地に移住して活躍しています。

状態】刀身は、健全な体配を保っており、状態は良好です。拵も、概ね良好な状態ですが、小柄小刀は付いておりません。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(和歌山県 第25450号 平成12年4月12日交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会 平成18年7月3日発行)




【商品番号】A090619【価格】1,350,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.