Touken Komachi



太刀 白鞘入り
Tachi, Shirasaya
長船秀光
Osafune Hidemitsu
【銘文】表 : 備州長船秀光  裏 : 嘉慶三年二月
【寸法】刃長 62.0cm(2尺0寸4分6厘)、反り 1.3cm(4分2厘)、元幅 2.73cm、元重ね 0.50cm、先幅 1.95cm、先重ね 0.39cm、目釘孔 3個、刀身重量 569g 、白鞘全長 87cm
【時代】南北朝時代 嘉慶三年(1389)
【国】備前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反りややつき、中切先となる姿。

 茎は磨上げ、鑢目筋違、先浅い栗尻、目釘孔三。

 地鉄は、板目肌よく練れ、杢・流れごころ交じり、地沸つきやや肌立ち、地景入り、淡く映り立つ。

 刃文は、 小湾れに互の目や尖り刃、腰開き互の目、逆ごころの刃が交じり、匂口締まりごころ、小沸つき、足・刃入り、総じてこずみ、飛び焼き入る。

 帽子は、先尖りごころに返る。

鞘書 : 備州長船秀光 嘉慶三年二月 小反派優工也 最上大業物 刃長弍尺五分有之 平成三十戊戌歳弥生吉祥日 真津仁彰 研磨之 花押

見どころ】本作は、
板目肌がやや肌立ち、地景風の黒い鉄が交じり、互の目の刃文がこずむところに特徴があり、兼光一門や長義・元重・大宮一門に属さない、南北朝時代後期の刀工群である小反物の典型的作風を示しています。秀光は、小反りの代表的刀工で、嘉慶三年の年紀も資料として貴重な価値がある一振りです。刃寄りながれごころとなる肌にあいまって匂口やわらかく小沸つく刃文の変化が見事です。

状態年紀の銘字の「嘉慶」はやや朽込があり判読しづらい状態です。研磨は平成30年に行われており、はばき、白鞘も新調されています。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福島県 45136号 昭和49年5月20日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成30年8月20日発行)

【商品番号】A090621【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.