Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(高田)
Mumei, attributed to Takada
【銘文】無銘
【寸法】刃長 74.9cm(2尺4寸7分1厘)、反り 1.4cm(4分6厘)、元幅 3.21cm、元重ね 0.79cm、先幅 2.32cm、先重ね 0.53cm、目釘孔1個、刀身重量 868.5g 、白鞘全長 104cm
【時代】室町時代末期
【国】豊後

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅尋常、重ねやや厚く、先幅さほど狭まらず、先反りつき、中切先ふくらつく。

 生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔一、区を送る。

 地鉄は、小板目肌つみ、地沸つき、地景入り、白気ごころがある。

 刃文は、互の目丁子乱れ、尖り刃を交え、匂口締まりごころに、足・葉しきりに入る。

 帽子は、直ぐに先小丸に返る。

見どころ
高田派は豊後国において友行を祖とし南北朝期頃に興った刀工群で、江戸期にも及び繁栄しました。室町期の高田物は平姓を銘に切るものが多いことから、この期の作品や刀工は平高田と呼ばれています。本作は、重ねの厚い実戦を重んじた作刀意識が現れた姿で、一見末備前に似た刃文ではあるものの、匂口が締まりごころとなり、地鉄に白気映りがある点から高田と鑑せられます。刃文の類似から末備前と比較しての評価がなされがちではありますが、高田物ならではの特質に目を向け、これらの作品にもっと正当な評価が与えられるべきとの意見もあります。高田物を詳しく勉強されたい方に、中原信夫氏の『大分県の刀-室町期からの-』(平成13年)が参考になります。当店でもお取り扱いしておりますので本作と合わせて、どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

状態
良好です。はばき元に少しく朽ち込みの痕がありますが、これは室町期の高田物にしばしば見られる興味深い点です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(長野県090090号 平成27年6月18日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H31.2.25発行)

【商品番号】A090819【価格】400,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.