Touken Komachi




刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
南紀住国光
Nanki ju Kunimitsu
【銘文】表 :南紀住藤原国光
【寸法】刃長 71.4cm(2尺3寸5分6厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 3.22cm、元重ね 0.86cm、先幅 2.39cm、先重ね 0.68cm、目釘孔 1個、刀身重量 975.5g 、白鞘全長 100cm、拵全長 104cm
【時代】江戸時代 安政頃
【国】紀伊

【特徴】鎬造、庵棟、身幅やや広く、重ね厚く、反り浅くつき、中切先延びる姿。 生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。

地鉄は、板目肌、杢目を交え、やや肌立ち、地沸厚くつき、地景入る。

刃文は、中直刃、小互の目刃を交じり、匂口締まりごころ、小沸つき、ところどころ棟焼き入る。

帽子は、直ぐに先尖りごころに返る。

黒石目塗鞘蛇腹糸巻柄打刀拵 : 茗荷図鐔(鉄地真鍮象嵌)、群雁図目貫(赤銅地容彫金色絵)

見どころ
南紀国光は、三崎太郎といい、江戸時代後期、安政(1854-1860)頃を中心に作刀した紀伊の刀工と伝えられます。江戸四谷でも刀を打ったとされます。「南紀住藤原国光」「南紀国光彫同作」等と銘を切ります。本作は、反り浅く中切先延びるがっしりとした姿で、板目に杢目が交じり肌立つ地鉄が、小沸つく直刃に絡み、独特の地刃の景色を呈した一振りです。棟に打ち込み傷が3箇所ほどあることから、腕に覚えのある剣士が振るった一振りとみえ、こうした歴史上の実戦に用いられた名残は誉れ傷(ほまれきず)と呼ばれ見どころの一つとなっています。

状態刀身は、わずかなヒケと、区上3cmほどの棟地に小錆がありますが、保存と鑑賞には問題はなく良好です。研ぎ減りが少なく、たいへん良い状態で保存されています。

【付属品】一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(東京都220007号 昭和55年8月21日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成27年7月14日発行)


【商品番号】A091121 【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.