Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
備州長船
Bishu Osafune
【銘文】表 : 備州長船(以下切)
【寸法】刃長 46.0cm(1尺5寸1分8 厘)、反り 0.9cm(2分9厘)、元幅 2.34cm、元重ね 0.55cm、先幅 1.82cm、先重ね 0.35cm、目釘孔 2個、刀身重量 328g 、白鞘全長 67cm
【時代】室町時代後期
【国】備前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅比較的狭く、重ね尋常、先反りつき、中切先となる姿。

茎は、磨上、鑢目(旧)勝手下がり(新)切り、先切り、目釘孔二中一埋。

彫物は、表裏に棒樋を掻き流す。

地鉄は、板目肌、やや肌たち、杢交じり、地沸つく。 刃文は、互の目乱れ、丁子刃や尖り刃を交え、匂口締まりごころ、小足・葉入り、小沸付き、飛焼入り、金筋・砂流しかかる。

帽子は、乱れ込み小丸、先掃き掛ける。

見どころ】板目に杢目が交じる鍛え肌に、
腰の開いた互の目に丁子刃や尖り刃が交じる刃文を焼き、末備前長船派の特徴をよく表しています。磨上げられ、手に持った感触が軽快な脇差となっています。備前長船派は、刀剣の一大産地として知られる備前においてもっとも大きな流派として数々の名工を生み出しました。戦国時代には戦の需要に答えて、実用性を追求した刀を製作したことが知られています。

状態良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(京都府 35777号 昭和48年9月26日交付)、倉敷刀剣美術館鑑定書(H30.9.24発行)

【商品番号】A091219【価格】220,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.