Touken Komachi






脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
和泉大掾藤原国輝
Izumi daijo Fujiwara Kuniteru
【銘文】表 : 和泉大掾藤原国輝
【寸法】刃長 54.6cm(1尺8寸0分1厘)、反り 1.6cm(5分2厘)、元幅 3.35cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.52cm、先重ね 0.64cm、目釘孔 1個、刀身重量 627g 、白鞘全長 82cm、拵全長 87cm
【時代】江戸時代初期
【国】伊予

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや厚く、元先やや幅差つき、反り高く、中切先延びる姿。

生茎、鑢目筋違、先浅い栗尻、目釘孔一、茎尻をわずかに摘み、「作」の銘字が上部のみわずかに残る。

地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵につき、細かな地景入る。

刃文は、湾れに互の目交じり、沸よくつき処々むらづいて、砂流しかかる。

帽子は、乱れ込み、先尖りごころに掃き掛けて、深く返る。

黒石目塗鞘脇差拵 : 牡丹図鐔(鉄地高彫金色絵)、秋草図目貫(赤銅地容彫金色絵)、桐図縁頭(鉄地高彫点象嵌)

見どころ
伊予松山の刀工、和泉大掾国輝は、三好太郎兵衛といい、長国の門で作刀を学びました。寛文3年に、和泉大掾を受領し、以降藤四郎国輝と名を改めます。初代国輝は、銘字の「掾」の手偏が木偏になっている点が、特徴ある見分けどころです。同銘は、江戸時代後期、天明(1781-1789)頃まで、七代に渡り継承されました。本作は、初代国輝の中でも優品で、冴えた沸出来刃文の覇気溢れる豪快な作柄をお楽しみいただけます。

状態】研磨済み。刀身・拵共に良好です。ただし、拵に小柄小刀は付いていません。
【付属品】一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(滋賀県19345号 平成21年10月21日交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H30.6.13発行) 倉敷刀剣美術館鑑定書(H30.1.10発行)


【商品番号】A100320【価格】450,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.