Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
藤原貞行
Fujiwara Sadayuki
【銘文】表 : 藤原貞行
【寸法】刃長 53.6cm(1尺7寸6分8厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 3.06cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.09cm、先重ね 0.37cm、目釘孔1個、刀身重量 519g 、白鞘全長 77cm
【時代】江戸時代 天和頃
【国】摂津

特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅・重ね、元先やや幅差つき、反り浅く、フクラ付き中切先となる。

 茎は、生茎、鑢目は筋違に化粧鑢、先入山形、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。

 刃文は、直ぐに焼き出し、互の目乱れに小湾れを交え、足入り、沸よくつき、砂流しかかり、飛び焼きかかり、上半は鎬地や棟にも焼きが入る。

 帽子は、乱れこみ、先掃き掛けて突き上げごころに、深く返る。

見どころ
藤原貞行は、江戸時代中期・天和頃の摂津の刀工です。兵衛尉と称し、本作のような四字銘の他「多田治兵衛尉藤原貞行」と銘を切る作があります。本作を鑑するに、物打ちあたりに連れた互の目がある濤乱風の乱れ刃を焼いた作風で、作刀年代の比較や、銘字の「貞」の切り方が酷似することなどから、二代越後守包貞の門に学んだ刀工ではなかったかと考えられます。綺麗な地鉄をしており、匂口の冴えた作品で、摂津の藤原貞行の作品は少なく、貴重な資料と言えます。

状態薄くヒケ・鞘擦れ跡がありますが、鑑賞を妨げるほどではなく、現状で保存と鑑賞が可能です。
【付属品】銀地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大阪府 第125104号 平成弐拾五年五月拾四日 交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H31.2.25発行)

【商品番号】A100619【価格】450,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.