Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(慶心斎直正)
Mumei, attributed to Keishinsai Naomasa
【銘文】 無銘
【寸法】刃長 76.3cm(2尺5寸1分8厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.61cm、先幅 2.13cm、先重ね 0.49cm、目釘孔 2個、刀身重量 842.5g 、白鞘全長 109.5cm
【時代】江戸時代末期
【国】陸奥

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、鎬やや高く、元先やや幅差つき、反り浅く、中切先延びる姿。  生茎、鑢目大筋違、先入山形、目釘孔二。

 地鉄は、板目肌柾がかり、地沸つく。

 刃文は、小湾れに、丁子や小互の目刃交じり、足入り、小沸つき、金筋・砂流ししきりにかかる。
 
 帽子は、浅く乱れ込み、小丸に返る。

見どころ】反りが浅く、鎬高
となる長寸の姿で、控え目釘孔があり、幕末の武士の豪気を感じさせる一振りです。匂口沈みごころに、小沸がよくついて金筋砂流しがしきりにかかる刃文は、地鉄と呼応して多様な変化を見せています。慶心斎直正は、江戸末期の陸奥の刀工、直胤の門人で、相馬中村藩の藩工です。明治12年11月24日没。「慶心斎直正造之」「中村臣慶心斎直正作之」「宮崎越前守直正作之」「越前守直正」「日本五鍛治越前守直正」等と銘を切り、嘉永七、元治元、慶応元・四、明治元・二・三・六などの年紀作があります。

状態刀身裏物打ち下あたりの地鉄に鍛え肌に沿って現れた小傷があります。鞘擦れの線があります。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(静岡県 第71453号 令和2年5月12日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 令和2年8月28日発行)

【商品番号】A110421【価格】320,000円 → 280,000円(消費税、国内送料込み) 値下げしました


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.