Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
宗明(新々刀)
Muneaki, Shishinto
【銘文】表 : 宗明
【寸法】刃長 65.6cm( 2尺1寸6分5厘)、反り0.9cm (2分9厘)、元幅 3.22cm、元棟重ね 0.66cm、先幅 1.97cm、先棟重ね 0.45cm、茎長 20.9cm、目釘孔 1個、刀身重量 720.5g 、白鞘全長 94.5cm
【時代】江戸時代末期
【国】不明

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広く、重ね尋常、反り浅く、元先やや幅差つき、中切先延びる。

茎は、生茎、鑢目筋違に化粧鑢、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、板目肌流れて柾ごころを交え、地沸つき、地景入る。

刃文は、中直刃調、小互の目や小乱れを交え、小足・葉入り、沸づき、砂流しを交える。

帽子は、直ぐに先尖ごころに返る。

見どころ
身幅広く、反り浅く、茎が長めに仕立てられた姿から、新々刀と見られます。新々刀期の宗明は銘鑑に、陸奥・山城・東京の三名が名を連ねていますがそのいずれかの作か、あるいは銘鑑漏れの刀工かは、現在のところ判然としません。とはいえ、今後インターネット空間において、愛好家や業者による刀剣の紹介の蓄積や情報公開が進むにつれ、作風や銘字の照合・比較研究がこれまでに比べて格段に容易になり、詳細がわからなかった刀工の情報の紐付けが可能となっていくことが想定されます。鍛え肌がよく練れ、匂口の明るい直刃刃文や豪壮で健全な姿が好ましい本作をぜひお楽しみください。

状態表切先の3ミリほど下の棟際に小キズがあります。はばき元に小錆があります。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(広島県23464号 昭和39年11月25日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H30.12.10発行)

【商品番号】A120819【価格】300,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.