Touken Komachi





脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
河内大掾国定
Kawachi Daijo Kunisada
【銘文】表 : 河内大掾藤原國定
【寸法】刃長 54.3cm(1尺7寸9分2厘)、反り 1.9cm(6分2厘)、元幅 3.31cm、元重ね 0.75cm、先幅 2.31cm、先重ね 0.54cm、目釘孔 1個、刀身重量 656g 、白鞘全長 80cm、拵全長 76cm
【時代】江戸時代中期
【国】陸奥(会津)

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、元先に幅差つき、反り高く中切先となる姿。 生茎、鑢目大筋違、先入山形、目釘孔一。

地鉄は、板目肌、 流れごころを交え、地沸つく。

刃文は、湾れ乱れ、互の目を交え、小沸つき、金筋・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先わずかに掃き掛ける。

茶叩塗鞘脇差拵 : 波鯉図鐔(鉄地竪丸形象嵌色絵)、花唐草図縁頭・鐺(鉄地金布目象嵌)、雪持笹図目貫(赤銅容彫金色絵)
、山水楼閣図小柄(鉄地金布目象嵌)、小刀(銘 : 河内大掾國定)、納戸色糸諸摘巻柄

見どころ
本作は、銘振りから河内大掾国定の二代と鑑せられ、身幅広く重ね厚く、元先に幅差つき反り高く中切先となる、豪壮な姿の脇差です。二代河内大掾国定は古川孫右衛門と称し、三代兼定の弟とされる初代河内大掾国定の後継となり、万治年間(1658-1660)に河内大掾を受領しました。元禄二年(1689)に没しました。
目貫と鯉口金具以外は鉄地で揃えた金具を用いた、脇差拵が付されています。茶叩き塗りが薄くなった部分から下地の朱漆がわずかにのぞき、渋い色調の中に華やかさがあります。小刀も河内大掾国定の作で、刀身と揃いで作られたものかもしれません。白鮫親粒を中心に花弁形に塗残した黒塗鮫着や、革を手縫いで綴じつけた滑り止め付き下緒など、使い手の細やかな感覚を伝えている生ぶ拵えです。

状態健全な姿で、たいへん良好です。
【付属品】赤銅磨地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(千葉県052413号 平成23年6月10日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 令和3年5月24日発行)



【商品番号】A120822 【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.