Touken Komachi





脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
無銘(因州兼先)
Mumei, no signature, attributed to Inshu Kanesaki
【銘文】無銘
【寸法】刃長 43.8cm(1尺4寸4分5厘)、反り1.0cm (3分3厘)、元幅 2.97cm、元重ね 0.60cm、先幅 1.96m、先重ね 0.42cm、目釘孔 1個、刀身重量 396g 、拵全長 67cm
【時代】江戸時代前期
【国】因幡

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先やや幅差つき、反りやや高く、中切先となる姿。

茎は、生茎、鑢目檜垣、先刃上がり栗尻、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌つみ、地沸つく。

刃文は、互の目乱れ、足・葉入り、沸よく付き、砂流しかかり、湯走り・飛び焼き入る。

帽子は、浅く乱れ込み小丸、先掃き掛けて、深目に焼き下げる。

黒蝋色塗鞘脇差拵 : 茶道具図鐔(真鍮地)、葉図縁頭(銘 保次 赤銅地)、蝶図目貫(赤銅地容彫象嵌色絵)

見どころ
沸出来の互の目乱れ刃文を焼いた、覇気のある姿の良い脇差です。初代因州兼先は、日置惣右衛門と称し、伊助兼先の子と伝えられます。生国備前で、慶長頃、因幡で作刀しました。兼先の名跡は、江戸時代を通して継承され、同名多数おり、石見・美作・津山でなどでの作刀も見られます。7代の養子となり明治時代に活躍した日置仁平8代まで続いています。

状態裏の中程に、埋鉄のように見える部分があります。拵の柄糸が部分的に欠損しています。巻き直せば綺麗になります。小柄は付いていません。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(栃木県 29093号 昭和45年10月23日 交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H30.8.20発行)



【商品番号】A131219【価格】230,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.