Touken Komachi




刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
月山貞勝
Gassan Sadakatsu
【銘文】表 : 大阪住月山貞勝謹作(花押) 裏 : 皇紀二千六百年記念
【寸法】刃長 68.4cm(2尺2寸5分7厘)、反り 2.2cm(7分2厘)、元幅 3.16cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.11cm、先重ね 0.65cm、目釘孔 1個、刀身重量 790.5g 、白鞘全長 95.5cm、拵全長 97cm
【時代】昭和15年
【国】大阪

【特徴】鎬造り、三ツ棟、身幅・重ね尋常、反り深く、中切先となる。

 生茎、鑢目筋違に化粧鑢、先栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、綾杉肌、地沸つき、淡く映り立つ。

 刃文は、直刃調小乱れ、上半に目立って互の目を交え、小足入り、小沸つく。

 帽子は、直ぐに小丸に返る。

 朱色変塗鞘打刀拵 : 素文鐔(鉄地真鍮覆輪)、亀甲文縁頭(銅地金色絵)、鉄扇図目貫(銅地金色絵)

見どころ
月山貞勝は明治2年(1869)、大阪市鎗屋町に初代月山貞一の長男として生まれました。晩年の父貞一の作品の多くは、貞勝の鍛えによるものであったことが貞勝自身の遺筆から知られます。貞勝銘の作品は比較的少なく、ほとんどが大正8年から昭和18年までの間に残されたものです。大正10年、月山軍刀頒布会が設立され、昭和10年には奈良・吉野山に鍛錬場が開設され、作刀と弟子の育成に当たりました。貞勝は皇室御用刀も多く製作し、こうした活躍には、法学者で宮内大臣や枢密院議長などを歴任した一木喜徳郎氏の後押しがあったとされます。日本が戦争に向かう中、作刀活動に邁進し、昭和9年に大阪府より工芸功労者として表彰されます。昭和18年、終戦を迎える前に没しました。大峯の修験道を信奉し、年に2~3度登山して精神統一をはかり、厳しい態度で作刀に向かったと伝えられ、その姿勢は一貫し、作品を通して伝わってきます。本作は、独特のうねりに杢目を交えた綾杉肌の地鉄に淡く映り立ち、直刃調小乱れに小互の目を交え小沸つき足入る刃文が、自然な働きを見せています。反り高く堂々とした体配の一振りです。

参考文献 : 『特別展 なにわ人物誌 生誕百年 人間国宝 刀工 月山貞一とその一門』大阪歴史博物館 月山日本刀鍛錬道場 平成20年

状態横擦れ、ヒケ、小錆、極小の刃こぼれががあります。研磨を施すことで見事に蘇るでしょう。
【付属品】ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(大阪府 27722号 昭和卅四年五月拾九日 交付/ 昭和参拾年弐月拾参日再交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H31.2.25発行)



【商品番号】A150619【価格】1,100,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.