Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
大塚惟忠
Otsuka Koretada
【銘文】表 : 記念 悠仁親王誕生 平成十八年九月吉日   裏 :  写 源清麿 菊池住惟忠
【寸法】刃長 74.9cm(2尺4寸7分1厘)、反り 1.7cm(5分6厘)、元幅 3.37cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.63cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 1個、刀身重量 899.5g 、白鞘全長 107cm
【時代】平成18年(2006)
【都道府県】熊本県

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、鎬筋やや高く、反り頃合いにつき、大切先となる姿。 生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、板目肌流れごころとなり、地沸よくつき、地景入る。

刃文は、互の目乱れ、小湾れ交じり、小沸よくつき、足よく入り、金筋砂流ししきりにかかる。

帽子は、乱れ込み、先尖りごころに掃き掛けて、やや長く返る。

見どころ
大塚惟忠は、熊本県菊池市の刀工で、父の大塚盛龍に作刀を学び、昭和48年9月13日に作刀承認を得、作刀コンクールでも活躍しました。自家製鋼による独特の鍛え肌には定評があり、来国俊や筑州左、肥前忠吉、源清麿などを範とした作風を得意とします。本作は、平成18年の 悠仁親王殿下の御誕生を記念して制作された、源清麿写しの一振りで、おそらく注文打ちであったと考えられます。源清麿は、江戸時代後期を代表する刀工の一人で、若い時分より古作の研究に取り組み、新々刀期における相州伝の一つの到達点を示したことで知られています。大切先の豪壮な姿も、清麿の作品にまま見られるものです。細かな沸がむらなくつき、地刃が冴えた覇気のある一振りをお楽しみください。

状態裏帽子の先近くに点状の窪みがあります。研磨の状態は良好です。

【付属品】銀地金鍍金二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(熊本県52800号 平成18年10月17日交付)

【商品番号】A151121【価格】300,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.